整体なら「八王子肩こり腰痛センター」へ

ゴルフをされている方で、ラウンド後に腰が痛むと言う声を良く聞きます。

ゴルフプレイでの運動は主にスイングと歩行です。

まずスイングですが、これは見ての通り回転運動。

運動学的には回旋と言い表れます。

スイング時には身体を大きく捻り、一気に反対方向に回旋させます。

見た感じ腰を大きく回しているように見えますが、実際に腰が大きく回旋し過ぎると腰を痛めてしまう場合があります。

解剖学的には腰椎(5つの腰骨)の回旋角度は一椎につき片側一度しかなく、五椎前部合わせてもたったの五度しかありません。

ストレッチの時などによく「腰を回して~」なんて言いますが、もともと殆ど回らないのが本当の腰椎の姿なのです。

ではどこが回旋しているかと言うと、主に股関節や背骨、肋骨、肩甲骨等です。

故に股が硬い上、背中や肩まわりも硬いと、骨盤と背中に挟まれた腰椎に多大な回旋の力が加わり、やがてオーバーワークになり限界を超えた時に痛みが発生します。

そういう事でゴルフをした後に腰痛になる方は、股関節や背中に柔軟性を持たせる事が大切なのです。

次に歩行についてですが、これはゴルフ中に関係なく大切なことで、足への体重のかかり方次第で身体が楽にもなるし、悪くもなります。

正しい歩行は踵から親指方向に体重を乗せる事が重要です。

小指方向に乗った歩行ですと骨盤と股関節の動きを妨げO脚になったりもしますので、見た目上のプロポーションにも影響してしまいますし、膝や股関節痛にも繋がります。

この様な身体のメカニズムと特性を理解した上で、対策やケアを行っておけば腰痛になる確率は限りなくゼロに近づくでしょう。

もちろんゴルフに限らず他のスポーツや日常生活にも当てはまる事ですので、日々気をつけて行きたいですね。

整体なら「八王子肩こり腰痛センター」へ PAGETOP